医学部予備校に通うと同じ志を持つ友達を作ることができます

多くの学生が医学部合格を目指していますが狭き門になっています

医師として働くためには、日本では医学部で勉強をして国家資格を受けるための準備をしなければなりません。
最低でも6年間の勉強が必要で、さらに国家試験に合格しなければ医師にはなれません。
しかし医師になることで地位も名誉も得ることができますし、収入面でも他の職業と比べると魅力があります。
さらに忙しくて難しい仕事ですが、やりがいがあるので達成感を得ることができる素晴らしい職業だといえます。
そのため多くの学生が医学部合格を目指していますが、基本的に他の学部と比べて偏差値が高く、募集人員も多くないため狭き門になっています。
高校を卒業してストレートで入学する学生もいますが、中には何度も浪人をして、ようやく合格を勝ち取る学生もいます。
それだけ合格までには険しい道のりが続いているといえますが、その理由は試験問題の難易度が高いということがあげられます。
国立大学であっても、センター試験を受けてから二次試験を受験することになりますが、それらは大学側が作成した問題になります。
センター試験は高校までの教科書を元に作成されているので、基本的にはそれほど難易度が高い問題は出題されませんが、その分ミスを減らさなければなりません。
二次試験を受けるまでに、足きりというものがあり、センター試験の点数を大学が定めているラインをこえていなければ二次試験を受けることもできないからです。
さらに筆記試験だけでなく、医師としての素質があるかどうかを見極めるために面接試験が行われます。
ここで勉強だけは真面目にしてきたので自信があるけれど、面接となると緊張してしまい自己主張ができなかったと落ち込む生徒が少なくありません。

今週の講義日程何1つわかんないんだけど?
学生掲示板仕事してます?

— 岐薬医学部専門予備校 三田洞本校 (@mitahorasaiko) 2019年7月15日

多くの学生が医学部合格を目指していますが狭き門になっています私立大学の場合は大学により出題傾向が異なります大学受験は自分との闘いという意味合いが強い