葬儀のスタイルが変わり式の進行と手配の流れも変わる

お葬式マニュアル

葬儀のスタイルが変わり式の進行と手配の流れも変わる

葬儀でも最近は家族葬という近親者のみで、またはそれよりも狭い範囲の人達で葬儀を執り行うことがあります。
大勢の参列者を迎える葬式とは違って、家族の方も気を使わずに楽です。またお焼香をするにしても多くの参列者を迎えておこなう場合には順番を決めたり、また順番におこなってもらうと時間がかかります。喪主や実行委員長からの挨拶の言葉も葬式においてもお決まりの文句で葬式を終了させる合図にもなっています。
しかし家族葬では流れが単純になりお焼香の順番をわざわざ決めなくてもいいですし、流れの中では挨拶も省略できて、お寺さんのお経がメインになり、葬式の本来のことを考えるだけで済みます。
また葬儀場を手配するときの流れも、昔は病院で亡くなった場合には病院から紹介を受けて、その葬儀社と打ち合わせを開始するのが従前からのスタイルでしたが、最近では本人が生前に契約している場合も多く、そこに連絡するだけで済みます。
本人が生前に葬儀社と契約をして葬式の大きさや規模等を決めていて代金も事前に支払っています。

check

神奈川でゴルフ
http://www.odawarajocc.com/
札幌のプラチナ買取店
http://platinumkaitori.net/

最終更新日:2016/6/22


↑項の先頭へ

COPYRIGHT(C) お葬式マニュアル ALL RIGHT RESERVED