葬儀の服装について

お葬式マニュアル

葬儀の服装について

葬儀とは、故人を見送る厳かな儀式のことです。
さまざまな形式が見受けられ、最も多いのは一般葬です。葬祭場で行われ、身内や親族のほかに、友人や知人など、参列者が多いという特徴があります。
また、最近では、身内や親族だけで見送る家族葬が増えています。遺族が高齢である場合、葬儀の時間などを短縮できるために、心身の負担が少なくて済みます。
ほかにも、定められた海や山に散骨する自然葬、火葬だけの直葬などが見受けられます。
葬儀の形式には多様性が見られますが、いずれのケースにしても、参列する場合には正式な服装をする必要があります。
まず、服装は黒いスーツを着用することが定められていますが、ワイシャツは白ですし、女性の場合、ストッキングも黒にする必要があり、化粧は控えめにすべきです。
尚、子供や学生の服装としてふさわしいのは制服であり、紺色でも構いません。葬儀に参列する時は、故人に敬意を示すような服装を心がけねばなりません。

pickup

岡山で前撮り
http://www.happy-radiance.com/

Last update:2017/1/5


↑項の先頭へ

COPYRIGHT(C) お葬式マニュアル ALL RIGHT RESERVED