葬儀にかかる費用について

お葬式マニュアル

葬儀にかかる費用について

昔は、自宅で葬儀を行う家庭が多かったが今では、葬儀場で行う人が多くなっています。
自宅で行う場合は、金額的に押さえる事が出来ますが、お通夜や葬儀の場所が手狭になっていることや親戚等への食事の用意などが大変なので、多少費用がかかったとしても葬儀場で行ったほうが喪主にとっても気持ち的にも楽になっています。
また、地方などでは葬儀の前に、隣組長さんへまとまったお金を預け、住職の送迎代や隣組へのお手伝いのお礼などに使われる所もあります。
そして、葬儀会社によって費用は、まちまちで棺の材木の種類によっても金額が異なります。
また、会社によっては、費用を前もって預ける互助会という制度があり、金額が多少安くなり、合計金額から互助会費を引いた金額が請求されるシステムの所もあります。
いずれにしても、多大な金額がかかりますので、生前から費用を準備しておくと安心できます。パック費用には、必ず追加費用が発生しまうので、注意が必要です。

注目サイト

明大前 美容院
青山 美容室

2017/7/11 更新


↑項の先頭へ

COPYRIGHT(C) お葬式マニュアル ALL RIGHT RESERVED